アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)] と アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)] の性能をレビュー

作成日時: 2023-11-10 18:40:25

アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]

「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」はどのくらい違いや差があるのでしょうか。重要なポイントごとに点数付けしました。どちらを選んだ方がいいのかが初心者でもわかるでしょう!

アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
総合評価:
出力性能rating-image5.0
3700W
rating-image5.0
2200W
最大吐出空気量rating-image4.9
345L/min
rating-image4.7
255L/min
最小騒音レベルrating-image4.9
50dB
rating-image5.0
44dB
最大騒音レベルrating-image4.9
50dB
rating-image5.0
44dB
タンク容量rating-image3.6
35L
rating-image2.8
20L

より詳細に比較

「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」より「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」が優れている理由

  • 並外れて大きいタンク容量
    72.7点(250位) vs 56.7点(326位)

「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」より「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」が優れている理由

    「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」の特性と特色についての比較詳細

    動力を詳しく比較評価

    タンク容量について

    タンク容量を「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」を比較すると「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」は35Lに対して「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」は20Lです。15Lの大きな違いがあります。「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」のタンクと比較して「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」は非常に大きいです。タンク容量が大きいエアーコンプレッサーは、従来の小型エアーコンプレッサーよりも効率的に作業を進めることができます。

    タンク容量が大きいエアーコンプレッサーは、使い勝手が非常に良いです。タンク内の空気量が多いため、作業中に待ち時間が発生することが少なくなります。また、大きなタンクがあることで、複数の工具を使用する場合にもスムーズに作業が進められます。

    「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」を選ぶ上で一つの主な判断材料となるでしょう。

    タンク容量評価
    アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]
    35L72/100
    アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
    20L56/100

    「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」の出力性能について

    出力性能について

    出力性能を比較すると「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」は3700Wであり「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」は2200Wです。ほぼ違いはないです。実用的な差はゼロと思われます。

    エアーツールを多用する場合には、出力性能の高いエアーコンプレッサーが必要不可欠です。プロの現場でも、作業のスピードと正確性に直結するため、高出力は重要な要素です。加えて、長期的な視点でも、メンテナンスの負担を軽減し、コスト削減にもつながります。

    出力性能評価
    アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]
    3700W99/100
    アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
    2200W99/100

    最大吐出空気量について

    「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」の最大吐出空気量について比較すると「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」は255L/minであり「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」は345L/minです。最大吐出空気量という視点で見てみると「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」は「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」より多少大きいです。大量の空気を必要とする作業には、最大吐出空気量が大きいエアーコンプレッサーが必要不可欠です。

    最大吐出空気量が大きいエアーコンプレッサーのメリットは、作業効率が向上することです。空気の圧力を早く増やせるため、作業時間が短縮されます。また、大量の空気を必要とする作業においては、ストレスを軽減するためにも必要な機材と言えます。

    最大吐出空気量評価
    アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]
    345L/min98/100
    アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
    255L/min94/100

    最小騒音レベルについて

    「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」の最小騒音レベルについて比べると「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」は50dBで「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」は44dBです。「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」はほとんど同程度です。感覚的にわかるほどの違いは無いでしょう。

    最小騒音レベルが小さいエアーコンプレッサーの最後のメリットは、長期的に見てお金を節約できることです。エアーコンプレッサーは、消耗品であり、メンテナンスや修理が必要な場合があります。しかし、最小騒音レベルが小さいエアーコンプレッサーは、非常に静かで、騒音のための修理やメンテナンスが必要ないため、長期的にはコストを節約することができます。

    最小騒音レベル評価
    アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]
    50dB98/100
    アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
    44dB99/100

    最大騒音レベルについて

    最大騒音レベルについて「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」を比較すると「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」は44dBに対して「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」は50dBです。最大騒音レベルについて「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」も「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」も差がほとんどゼロです。体感できるほどの違いは無いと思われます。

    最大騒音レベルが小さいエアーコンプレッサーのメリットは、静かな作業環境を提供すること。このタイプのコンプレッサーは、耳を痛めるような大きな音がないため、長時間作業しても疲れにくい。また、近隣住民に迷惑をかけることもなく、周りの人を気にすることも少ない。

    ほかの視点から比較するほうがよいでしょう。

    最大騒音レベル評価
    アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]
    50dB98/100
    アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
    44dB99/100

    利便性に関する詳細評価について

    重量について

    重量を「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」を比べると「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」は131kgで「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」は165kgです。「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」も「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」もほぼ同じくらいの重量です。実用上の違いは無いかと思われます。

    ほかの角度から決めることをおすすめします。

    重量評価
    アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]
    165kg0/100
    アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
    131kg0/100

    オイルフリーへの対応について

    「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」も「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」もオイルフリーに対応しているエアーコンプレッサーです。これらのエアーコンプレッサーはオイルフリーに対応しているため、維持費が低く、手間がかかりません。また、オイルフリーなので、環境にも優しいです。

    オイルフリーに対応しているエアーコンプレッサーは、静音性が高くなっています。オイルを使用するコンプレッサーは、オイルの潤滑によって騒音が発生しますが、オイルフリーに対応しているコンプレッサーは、騒音を低減することができます。このため、作業環境の改善につながります。また、オイルフリーに対応しているコンプレッサーは、清潔な空気を吸い込むことができるため、作業中の健康被害を低減することができます。

    表で「アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]」と「アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]」の情報一覧をくらべる

    アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
    画像アネスト岩田 SLP-371EFDM6 [60Hz専用(西日本)]アネスト岩田 SLP-22EFPDM6 [60Hz専用(西日本)]
    出力性能3700W2200W
    吐出空気量345L/min255L/min
    最大吐出空気量345L/min255L/min
    騒音値50dB44dB
    最小騒音レベル50dB44dB
    最大騒音レベル50dB44dB
    製品種別オイルフリー式(無給油式)オイルフリー式(無給油式)
    タンク容量35L20L
    電源三相200V三相200V
    電源周波数60Hz60Hz
    重量165kg131kg
    オイルフリーに対応しているかどうか

    価格をチェックする

    お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。